全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

迷路館の殺人(綾辻行人)

迷路館の殺人 (講談社文庫)

迷路館の殺人 (講談社文庫)

館シリーズ第3作。作中作の中にさらに作中作があったりして、話の構成は複雑。タイトル通り、館の構造も複雑である。こんな建物を作る人は普通いない。

前2作同様、スッと入り込んでどんどん読めた。「もしかしたら犯人は○○では?」と思っていたのは結局当たらず。真相がわかった時、思わず「えっ」と声に出してしまった。そして最後まで読んで本を閉じ、「おもしろかった...」とつぶやく。またまた「よくこんなことを考えつくなあ」と感心せざるをえない。インパクトでは「十角館の殺人」に及ばないと思うが、堪能した。