全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

月光ゲーム―Yの悲劇'88(有栖川有栖)

月光ゲーム―Yの悲劇'88 (創元推理文庫)

月光ゲーム―Yの悲劇'88 (創元推理文庫)

最近ミステリーをいろいろ読んだがこの人の作品を読んでないな、と思って手を出してみた。デビュー作。キャンプに来た学生の集団が火山の噴火により下界との道を閉ざされる。そこで起こる殺人。クローズドサークルものである。

学生の話だけあって、ミステリーといえどもさわやかで読後感よし。ただ、17人も出てくるので誰がどういう人物かを覚えるのが大変である。結局最後の方まで、表紙の裏にある登場人物リストを参照しながら読んだ。

このシリーズは気持ちよく読めそうだし評判も高いので、三部作の残り2つ、「孤島パズル」「双頭の悪魔」は読みたい。