全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

続・同じ曲を違う人が歌うのを聴く

「同じ曲を違う人が歌う」といえば、昔何かのレコードのライナーノーツに「優れたシンガー・ソングライターは、他人に提供した曲を自分で歌うと、その他人が歌ったのより必ずよくなる」と書いてあったのが妙に印象に残っている。

この「法則」の例として思い出すのは以下の曲。

近年の曲では、SMAPに提供された「セロリ」(山崎まさよし)や「夜空ノムコウ」(スガシカオ)あたりがすぐ浮かぶ

しかしよく考えるとこの法則、単に実力派シンガー・ソングライターが非実力派の歌手に曲を提供することが多いから成り立つことが多いというだけのような気がする。そうではない例を言うと、私は「愛燦燦(あいさんさん)」という歌が好きだが、曲を提供された美空ひばりと提供した小椋佳のどちらの歌うバージョンがいいかと言われると、どうにも比べようがない。一般には「この曲はやっぱり美空ひばりで」という人が多いだろう。他にも「涙そうそう」は夏川りみとBEGINのどちらがいいかとか。結局言えるのは「曲を作っても自分で歌っても人を感動させるなんてスゴイ!」ということなのであった。