全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

ほのぼの番組に毒づく(5)

当ブログ恒例(?)、「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」批評。今回(5/5 第78回)も家族で観た。

優勝〜3位はそれなりに質の高い作品だった。不合格は33組中6組。1組しか不合格が出なかった前々回の反省をふまえ、このぐらいが適正だとスタッフは考えているのかもしれない。ただし以下の傾向はますます進んでいる。

  1. 採点は全体的にインフレ
    合格した27組のうち9組が満点(20点)だった。
  2. それとは裏腹に、演目のアイデアの方は枯渇気味
    これはまあ、78回もやっていればしょうがないが。
  3. 子供を出すとたいてい合格
    相変わらず、それをねらっているとしか思えないものもあり。

これらに加えて、常連出場者が明らかに増えてきた。「スキンヘッドに吸盤」「ひたすら麺を食う」など、以前の回でやったネタのバリエーションでの出場が何組も。これもアイデア枯渇の影響か。

なんか、次回を観ても同じような感想になりそうなので、仮装大賞に毒づくのはもう終わりにしたい。