全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

天才の栄光と挫折 (藤原正彦)

天才の栄光と挫折―数学者列伝 (新潮選書)

天才の栄光と挫折―数学者列伝 (新潮選書)

ベストセラーになった「国家の品格」はどうも読む気がしないが、同じ著者のこの本は衝動買い。

ニュートン関孝和ガロア、ハミルトン、コワレフスカヤラマヌジャンチューリング、ワイル、ワイルズという9人の数学者の伝記。何人かの数学者について人となりや業績を紹介する、という本は結構あるが、その1つである。

ラマヌジャンチューリングの話が読めたのはよかった。ラマヌジャンについては「リーマン博士の大予想」という本に出てくるのを読んでいたのだが、また別の角度から描かれている。あとニュートンガロア(この本での表記は「ガロワ」)の話が割と詳しい。ワイルズについては何といっても「フェルマーの最終定理」の方を読むに限るだろう。特に新しい話はなかった。

著者はそれぞれの数学者のゆかりの地を訪ねて思いにふけるのだが、とってつけたような感じで、特に必要性を感じない。ゆかりの地の今を描くなら、もう少し淡々と当時との比較をした方がよかったと思うのだが。