全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

痴漢冤罪のこわさと難しさ

周防正行監督の「それでもボクはやってない」を観た。身に覚えのない痴漢の容疑で逮捕される青年の話。

いい映画だった。観る前に上映時間147分と聞いて「長いなあ」と思っていたのだが、始まると一気に引き込まれてしまい、あっという間に終わった。

と同時に、とてもこわい話だった。痴漢冤罪の現実をこうまざまざと見せられると、満員電車に乗るのがいやになる(幸い現在はほとんど乗る機会がないが)。かといって痴漢が卑劣な犯罪であることに変わりはない。前に「公衆の面前でとんでもないことになるとしたら」というエントリで痴漢冤罪のことを書いたが、女性専用車両は必要悪なんじゃないかと改めて思う。さらにいっそ男性専用車両を作ってほしいという気になる。

この映画では法廷の場面が多く出てくるが、裁判官にかなりスポットが当てられているのが印象的だった。今まで観た法廷ものはだいたい「弁護士 vs. 検事」もしくは「弁護士 vs. 弁護士」という図式で、裁判官は行事役のような描かれ方をしていることが多かったが。

超映画批評」というサイトでは「すべての男が見るべき大傑作」として、100点満点中98点を与えられている。

それでもボクはやってない』は、超映画批評を立ち上げた当初から願ってやまなかった「こういう日本映画が見たい」という私の気持ちを、具現化してくれたような一本だ。唯一のマイナス点については、重大なネタバレにかかわるためここで書くわけにはいかないが、見終わった瞬間に多くの人が感じるのではと思う。しかし、それでもこの作品が必見であることに疑問の余地はない。

超映画批評『それでもボクはやってない』98点(100点満点中)

この批評は事前に読んでいたので、「唯一のマイナス点」を確認しようと思いながら観ていたのだが、特にマイナスになる要素は感じなかった。何なのか気になる。