全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

サラヴァ! (高橋幸宏)

サラヴァ!

サラヴァ!

1978年、高橋幸宏のソロ第1作。YMOとして活動していたころに出された第2作「音楽殺人」と第3作「NEUROMANTIC」は何度聴いたかわからないぐらい聴き込んだ(特に前者はユキヒロファンの間でも評価の高い名盤)のだが、このソロデビューアルバムはほとんど聴いたことがなかったので購入。

第2,3作と全く感じが違うので驚いた。ボサノバなどの音楽をユキヒロ風にアレンジした感じ。表題作"SARAVAH!"と"SUNSET"は聴いたことがあって、これらの曲は雰囲気が違うなとは思っていたが、全編そうだとは思わなかった。歌い方までまるで違う。ファンサイトのDiscographyによると、「細野(晴臣)さんの歌い方が好きで、細野さんのように歌った」らしい。確かにそんな感じの歌い方である。

新しめのものを含めて、高橋幸宏のアルバムを改めて聴き込んでみたくなってきた。