全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

Flowers for Algernon (Daniel Keyes)

Flowers for Algernon: Student Edition

Flowers for Algernon: Student Edition

有名なロングセラー「アルジャーノンに花束を」の原書。妻が何年か前に日本語版で読んでとても感動したと言っていたので、無謀にも英語の方に挑戦してみることにした。

以下はAmazonの商品説明(「BOOKS」データベースより)。

32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。そんな彼に、夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。やがて手術により、チャーリイは天才に変貌したが…超知能を手に入れた青年の愛と憎しみ、喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫り、全世界が涙した現代の聖書(バイブル)。

いい話だったし、考えさせられる話だった。評判通りオススメの本である。

最初から最後まで主人公Charlieの手記(Progress Report)でつづられるのだが、手術を受ける前の文章は稚拙で、かつスペルミスだらけで読みにくい。それが手術後はどんどん知性を身につける。特に後半は知らない単語が増える上に文章の構成が複雑になるので、かなり辞書を使ったし、文意がとれずに同じ文を何度か読み返すことも多かった。

そんな状況なので、文の意味はおおむねわかっていても、それらを通じて描かれていることを理解しているかどうかちょっと自信がない。一度日本語版の方も読んで、再度この話を味わってみようかと思っている。英語で読むのと日本語で読むのとでかなり印象が違うのではないかと思うし。