全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

17種類で17茶

先月、出張でソウルに行った時、ビン入りの「17茶」というお茶を飲んだ。日本の「十六茶」のコンセプトを借用して、1つ多い名前にしたに違いない。味の方は十六茶とはだいぶ違っていたが、十六茶と同じくさっぱりしていて飲みやすかった。

私が飲んだビンの画像は以下のエントリにある。

オフィシャルサイトの17茶のページを開いてみると、「猟奇的な彼女」や「僕の彼女を紹介します」に出ていた女優のチョン・ ジヒョンがイメージキャラクターに起用されている(それにしてもこのページ、お茶の広告にしてはちょっとセクシーすぎないか?)。

アサヒ飲料十六茶のページからの情報と、17茶について他のサイトから得た情報とを合わせると、それぞれに使われている16種類・17種類の原料は以下の通り。

単に「麦」と書かれているものがあったりしてややこしいが、明確に共通しているのは桑の葉ハトムギ・ミカンの皮・玄米の4種類か。かなり違う。