全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

The Speckled Band and Other Stories

The Speckled Band and Other Stories - Book and Audio CD

The Speckled Band and Other Stories - Book and Audio CD

シャーロック・ホームズシリーズの有名な3作品"The Speckled Band(まだらの紐)", "The Dancing Men(踊る人形)", "The Red-Headed League(赤毛組合)"のretold(簡単な英語に修正)もの。「まだらの紐」と「赤毛組合」は日本語で読んだことがあった。「踊る人形」も読んでいたかもしれない。

英語が簡単なのですぐ読み終えることができた。簡単にするために文章が切れすぎていてテンポがよくない感じがするので、いつかはドイルの原文で読んでみたい。難しいらしいけど。ちなみに、ホームズシリーズはすでに著作権が切れているからか、「Camden House」というサイトで全作品をイラスト入りで読むことができる。本腰を入れて読む時は本を買うことになりそうだが。

speckled(小さな斑点のついた、まだらの)という単語は知らなかった。「まだらの紐」という邦題を知っていたからわかったものの、この単語の意味がわからないまま読んでいたらちょっとつらかったかも。多読法では「辞書を引くとしても1冊につき3回までにしましょう」と書いていることがある。どうしても必要な場合にはこういう肝の単語だけ引いてもいいかもしれない。

それと、bandという単語にはストーリー上「紐」だけでなく「一隊、一団」という意味もかかっている。それを「まだらの紐」と訳してしまうと味を損なうことになるが、しょうがないところか。