全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

大人には聞こえない音

「イギリスでは、スーパーの前にたむろする若者を追い払うために、大人には聞こえない周波数の音を流す装置が普及している」という話をテレビで見た。その音を録音した超音波着メロもはやっているらしい。これらは以下の記事で紹介されている。

装置の名前は"Mosquito"。人間の耳で聞こえる音の周波数はおおよそ20〜20000Hzと言われているが、年をとるに従って高音域が聞こえにくくなる。Mosquitoはこれを利用したもので、大人には聞こえない高い周波数の音をスーパーの店先で流す。ある程度以上の年代の人たちは音に気づかないが、若者にはうるさくてたむろできないという寸法。

BBCの記事には、Mosquitoの音を録音したMP3ファイルへのリンクがあった。これ。→ MP3

再生してみたが、私には背景音(車の走る音や人の話し声)しか聞こえない。10歳の長女に聞かせたら、キーンという高い音がよく聞こえるという。確かに効果があるらしい。くやしいけど。

大学時代、研究室のパソコンのBASICに「指定した周波数の音を鳴らす」という命令があったので、どこまで高い音が聞こえるか試してみたことがあった。私は17000Hz台の後半まで聞こえたと思う。同じ年代の学生の間でも結構差があって興味深かった。確かMosquitoの周波数は16800Hzだとテレビで言っていた。年はとりたくないものである。