全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

「果しなき流れの果に」再読

果しなき流れの果に (ハルキ文庫)

果しなき流れの果に (ハルキ文庫)

「昔読んだ小説を買い直して再読」シリーズの最後(のつもり)、「果しなき流れの果に」である。小松左京の最高傑作だと言う人が多い。

昔読んだ時は「ストーリーが複雑でよくわからなかったけど非常におもしろかった」という感想だった。複数の話が並行して進行する上にそれらの話のつながりがわからないまま読まないといけないのでややこしいのである。今回はストーリーは大体理解できたが昔ほどは感動しなかった。こういう話に変に慣れてしまったということなのかもしれない。

最初の方に、発見された古墳の構造を詳しく描写するところがあるのだが、何回か読み返しても文章からその構造を理解することがさっぱりできなかった。改めて自分の空間把握能力の低さを痛感したのだった。方向音痴だし。