米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

生物

嫌獣権

私の住んでいるマンションはペット(犬猫)を飼うことに寛容である。しかし最近、エレベーターでペットが大小便をしたりベランダでほえてうるさかったりといった被害がよく発生しているため、各戸に対して「どういうペットを飼っているか」という調査が行われ…

人の言葉を話せるポケモン

娘2人ともポケットモンスター(ゲームではなくアニメの方)のファンなので、長いこと観させられている。そこで、ポケモンが生物類としてどういう設定になっているのかを時々調査してみる。ほとんどのポケモンは人間の言葉をしゃべることができない。サトシとあ…

地球上のアリの総重量

次女のために購読している学研「2年の科学」8月号の付録は「アリの す 観察 立体ハウス」。私の子供のころの「科学」の付録の中でも「パン作りセット」「ピンホールカメラ」「プランクトン飼育セット」とともに最も印象に残っているものの1つである。好評な…

ニワトリが先か卵が先か

ロンドン――卵が先か、ニワトリが先か。長年にわたり、学者から酒場の酔っ払いまでを巻き込んできた疑問に、英国の遺伝学者と哲学者、養鶏家の計3人でつくるチームが結論を出したと主張している。 彼らの言う「結論」は――「卵」だ。 生物の遺伝物質は生きて…

メダカの危機

神戸の須磨海浜水族園へ。小学生のころには遠足などで何度か行ったが、リニューアルオープン(1987年らしい)以降は行ったことがなかった。当然昔とは違っていて垢抜けた作りに。それとは関係ないが、びっくりしたのはメダカが「絶滅のおそれのある種」に指定…