米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

将棋

どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語(梅田望夫)

どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語作者: 梅田望夫出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2010/11/25メディア: 単行本購入: 66人 クリック: 1,407回この商品を含むブログ (58件) を見る「iPadがやってきたから、もう一度…

「どうぶつしょうぎ」で遊ぶ

どうぶつしょうぎ出版社/メーカー: 幻冬舎エデュケーション発売日: 2009/09/05メディア: おもちゃ&ホビー購入: 59人 クリック: 466回この商品を含むブログ (95件) を見る 日本女子プロ将棋協会公認 『どうぶつしょうぎ』公式サイト 女流棋士の作ったゲーム…

渡辺竜王、大逆転で防衛、永世竜王に

挑戦者が羽生名人に決まった時は「今年の防衛は難しいかも」と感じた。そしてたて続けに3連敗。「さすがに終わった」と思った。しかし第4局を打歩詰で逃れるという離れ業で制し、そのあと1つずつ返していった。竜王の奥さんのブログエントリに感動。そしてつ…

将棋の反則手

将棋の方の反則も列挙してみる。着手と認められない行為(手番でない時に指す、待ったをする、取れない駒を取るなど)は含まない。 動かしてはいけないところに駒を動かす(銀を横へ、歩を後ろへ、自分の駒があるところへ、など) 成れないところで成る(玉・金の…

羽生善治と「ウェブ進化論」

梅田 2004年頃かな。羽生(善治)さんに僕が最初にGoogleの話をしたとき、彼が最初に言ったことが、「Googleって必ず政府とぶつかりますよね」と。この人は、将棋の天才ということを超えて、世の中の本質を見抜くすごい人だなと思った。それで『ウェブ進化論…

飛・角・歩の不成

飛車・角・歩は成ると利きが単純に増すので、普通は成れるときは成った方がよいが、わざと不成(ならず)にした方がよい場合がある。メモ。 打歩詰回避成るとのちに打歩詰(反則)で詰まなくなるところを不成にして利きを弱くすることによって詰ませる。詰将棋で…

将棋中継の天敵

明日は「将棋界の一番長い日」、A級順位戦最終局である。今期は名人挑戦者争いが谷川・羽生の一騎打ち、2名の降級者の方はまだどちらも決まっていない。5局全てが挑戦か降級にからんでいる。楽しみな展開である。今年もNHK BS2で対局の中継がある。解説は渡…

竜王戦ブログ

第18期将棋竜王戦は渡辺竜王の4連勝で終了。竜王はとにかく落ち着いていた印象。公式戦未経験だったという一手損角換わりを1局目から使うあたり、うならされた。挑戦者の木村七段は力を出し切れなかった感じで残念。対局の進行は専用ブログ(例: 第4局ブログ)…